年金関連書籍

イラスト・図表で早わかり基礎からの個人年金販売―Q&A100問100答 |

イラスト・図表で早わかり基礎からの個人年金販売―Q&A100問100答

保険毎日新聞社 刊
発売日 2007-02

個人年金の現在(いま)がわかる新・定番書! 2007-02-21
個人年金に関する書籍というと、その殆どは市場がピークだったバブル期(80年代後半〜90年代前半)の書物ばかりで、情報が陳腐化してしまっている。一方で業界向けの難解な解説書は毎年改訂されているものの、個人年金市場の現在の潮流(例:定額年金から変額年金へのシフトetc)を一般向けに分かり易く解説した良書には、ここ10年なかなかお目にかかれなかった。



そんな中、満を持して刊行されたのが本書。直近の個人年金市場の情勢を反映しているのは勿論、一問一答形式&二色刷りで読み易さに配慮したレイアウトは、類書の中では群を抜いた出来。
また、変額年金で名を馳せている外資系生保の手による編集だけに、変額年金一辺倒の中身かと思いきや、さに非ず。従来型の定額年金に関する記述も手厚いほか、税制やコンプライアンスまで手当てしており、網羅性は高い。個人年金に関する入門書のファーストチョイスとしてだけでなく、体系的な解説書としても十分耐え得る内容。個人年金分野における定番書としての地位は当面安泰といっても過言ではない。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by Sherry at 21:00